NEWS ROCK MUSICAL STORY

ROCK MUSICAL STORY ③

15年追いかけてきたロックミュージカル創りの日々を振り返るロックミュージカルストーリー!

お時間ある時に読んでください!

 

NYで偶然見たロックミュージカルに全身鳥肌がたった、2001年9月!

僕は24歳。その瞬間にこの先、ずっと追いかけることになる、

日本で最高のロックミュージカルを作るという夢が生まれました。

 

そして、ミュージカルの最高の音楽を作ってくれる仲間と出会おう!と心に

決めて、演劇ばかりやっていた僕は、音楽イベントを主催する事を決意!

 

2002年6月10日、初の主催イベント「乱痴気ナイトIN東京」を

新宿リキッドルームで開催する事が大決定!

 

と、ここまではトントン拍子で進みました。

絶好調で無敵。まさに怖い物知らず。勢いだけで突き進みました。

しかし、ふと、立ち止まった時、思ったのです。

 

 

 

・・・やべえ・・会場がデカすぎる・・・

 

初のイベント主催で会場が800名収容は大きすぎる。

会場費だけでも、100万近くかかってしまい、勢いだけで何とかなるもんじゃない。

 

「お前は何がしたいの?バンドと出逢いたいなら、普通にライブハウスとか行けば?」

演劇の先輩は、当たり前のことを当たり前のように言います。

 

一転、弱気になった僕もそう思いました。こんなことしなくても音楽やってる人と出逢う方法は無限にある。僕は先輩に言いました。

「そぅですね!目が覚めました!イベントキャンセルして、もう一度考えます!」

 

次の日、ライブハウスに電話しました。

「イベントキャンセルしたいんですが。」

「キャンセル費が50%で、50万かかりますがよろしいでしょうか?」

「・・・・・・・・」

 

 

 

次の日、先輩に聞かれました。

 

「おう、どうだった?キャンセルできた?」

「俺、良く考えたんですけど、やっぱり、あきらめたくないんですよね。」

「・・・・・・は?」

「やっぱり、一度やるって言ったのに、やめるのは、カッコ悪いと思うんですよ。」

「カッコいいとか、カッコ悪いとか、言ってる場合か?」

「俺は大事だと思います。これ、生き方の問題なんで。」

 

 

 

もちろん、単純に、50万払えないだけです。

 

もう、これでやるしかなくなりました。

 

そこからはあまり覚えていません。

何だか、たくさんの人に、怒られた気がします。

あまりに無知。あまりに無謀。

 

後は、誰に頭を下げればいいんだろう?そんな事ばかり思っているうちに、

あっというまにイベント当日がやってきました。

 

当日のリハーサル時、ある事務所のマネージャーさんにロビーで猛烈に

怒られました。タイムスケジュールもない、機材もない、これでライブができるのかと。

「これ文化祭ですか?そのレベルですよ。」

 

言い返すも何もありません。とにかく頭を下げ続けました。

俺何やってんだろう。。。

 

悔しくて悔しくて。。。

 

7階のライブハウスから、涙をこらえて、エレベーターで一階まで降りました。

やらなきゃよかった。俺、ミュージカルとか、夢なんて持たなきゃよかったんだ。

 

しかし、その後、目の前に広がった光景が僕を救ってくれました。

 

一階に着いて、ドアが開きました。

その瞬間目に入ったのは、今日のイベントに来てくれてエレベーター待ちをしている人、人、人・・・

 

その時、思ったのです。

俺、夢あって良かった。ミュージカルできるぞ。夢に近づいてるぞって。

 

結局、イベントは800人超満員。大成功で幕を閉じました。

 

全てが終わり、片づけをしている僕に、さっき怒ったマネージャーさんが近づいてきて、

こう言いました。

 

「お疲れ様でした。大人の文化祭でしたね。」

 

そう言ってくれました。

 

そして共にイベントスタッフとして支えてくれたCHO-1(チョーイチ)さんが、

その後の運命を変える一言を言ってくれたのです。

 

「たけし、これから一緒に、音楽と芝居のコラボレーションイベントをやってみない?

たけしが朗読してさ、バンドがライブしたら面白くない?」

 

・・・バンドと一緒に作品を作る????

 

それって・・・それって・・・俺のやりたい、ロックミュージカルじゃないですか!!!

 

「やります!」

僕は即答しました。

 

そして、それから2年後、2004年5月。CHO-1さんのイベントをきっかけに、

僕はFUNKISTに出逢うことになるのでした。

 

 

<続く>

PAGETOP